不労所得も夢じゃない!?信用取引で稼ぐテクニック

実は想像よりも安全で稼ぎやすい信用取引

近年、様々な規制緩和や新制度の導入によって敷居が低くなってきている株取引。そのような中でも、「信用取引は危険な取引だ」と感じている人は少なからずいます。その理由は至極単純で、理論上信用取引は損失が青天井で際限が無いことにあります。
しかし、実際に信用取引により莫大な損失を抱えるというのは、かなり特殊な状況です。過去ならいざ知らず、個人投資家が多額の債務を強いられるということはまずありません。そればかりか、昨今では小口投資家向けの信用取引制度が拡充してきたことで、ある程度の安全性は担保しながらも、着実に利益を出すことができるようになってきています。それらを積み重ねていけば、最終的には信用取引による不労所得のみで生活することも可能になるかもしれません。

手間をかけずに着実に稼ぎたいのであれば

最終目標は不労所得で生活できる状況を作り上げることだとしても、まずは信用取引で着実に利益をあげていくことが大事です。そのためには、信用取引の仕組みや、実際に「信用取引で利益を得る」という体験を持つことが重要です。
それらを同時に満たしつつも、初心者向けで、なおかつ損失が出ないという夢のような取引手法が、信用取引には存在します。それは、現物買いと信用売りを同時に行う両建てを行うことで損利を相殺し、株主優待権のみを得るという方法です。確かに信用取引自体で利益が出るわけではありませんが、手数料と金利を手出しするだけで手っ取り早く株主優待という利益が得られるため、現在広く親しまれている信用取引手法の一つとされています。

信用取引の保証金は、証券会社からお金や株式を借りる際に求められる担保のことです。その維持率が各社の設定ラインを下回ると、強制決済されてしまうので気を付けましょう。